ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ481】ワンダーフォーゲル/ゆうきちゃん

歌:初音ミク

投稿日:2013/3/3

 

心の調の
赴くにまかせて進む

 

しなやかな美しさを感じる曲調に癒やされる。

音が澄んでいるので、勝手だが冬に似合うと個人的には思っている。冷たい空気に似合いそうだ。

静かで丁寧な旋律に耳を傾け、安らかな気持ちで聴きたい。

【ボカロ480】Haruna/haruna808

歌:初音ミク

投稿日:2007/10/9

タグ:VOCALOIDドライブソング

 

あえて語らない
言葉 君に届けるよ

 

落ち着いた雰囲気が耳にも心にも優しい、静かに側にいてくれるような音楽だ。

音の数は少ないが、そのシンプルさが真っ直ぐで素敵である。

車に乗った気分になれる実写PVも良い雰囲気。

【ボカロ479】アウトサイダー/Eve

歌:初音ミク

投稿日:2018/4/6

 

初めて聴いた時、この曲そのものにカリスマ的な吸引力と魅力を感じた。

音が洗練されていてスマートで非常に現代的だと思う。

口ずさみやすく親しみやすいが誰にも真似できないような音楽、そんな感じだ。 

 

【ボカロ478】キンクマブルース/磯P

歌:初音ミク

投稿日:2009/11/27

タグ:VOCALOID動物園入り

 

くるくる回すぜ
おんなじ場所だって知ってるぜ

 

なんて渋みのあるイカしたハムスターなのだろう。

やたらカッコいいギターに哲学的な気さえする歌詞、どれも味がある。

何故だろう、途中から泣けてくる。

【ボカロ477】星空と雪の舞踏会/このり

歌:巡音ルカ

投稿日:2010/1/9

タグ:VOCALOID民族調曲

 

もし覚えていたら
見ていてください

 

冬の冷たい空気と夜空に星が映える、そんな曲。

民族調のリズムは軽快で勢いがあり途中で変化するので、長い曲だが全く飽きることはない。

弱いながらも強い意志が見える歌詞、後半につれて盛り上がっていくメロディーも非常に良い。 

【ボカロ476】きらめきエクスプレス/バルP

歌:鏡音リン鏡音レン

投稿日:2009/5/18

タグ:エアアニメ

 

楽園が眠りから覚める頃 始まるだろう

 

壮大なファンタジー作品のエンディング感がすごい。何も見ていないのに、ああ良い作品を見たなぁと思ってしまう。

終わってしまう寂しさもあるが、これからも前へ進んでいくという強さも感じる。

是非、オープニング曲も聴いていただきたい。(2017/11/29に紹介済) 

【ボカロ475】マジカルクリスマス/融合P

 

歌:鏡音リン鏡音レン

投稿日:2014/12/24

タグ:VOCALOIDクリスマス曲

 

夜になったらもうすぐ聞こえる
鈴の音を心待ちにして

 

ほっこり幸せクリスマスソング。最初から最後まで可愛い。

後ろで鳴っている鈴の音が一定のテンポを刻み、この季節らしさを表していてまさにクリスマス。

なんだかワクワクしてくる。 

 

【ボカロ474】日常鎖飯事/シメサバツイスターズ

歌:初音ミクAppend、雪歌ユフ

投稿日:2011/1/25

 

抱き合うときには長すぎて
ケンカのときには短すぎて

 

鎖が繋がったカップルの曲、とのこと。ゆるめの雰囲気にホッとする。

一定ではないリズムや拍子が良い味を出しており、何より最後のサビ部分で流れるバックのメロディーに大きな幸福感が溢れてくる。

さっぱり淡々としているようで温かい、そんな曲だ。

 

【ボカロ473】後の橋上/shr

歌:鏡音リン鏡音レン

投稿日:2012/8/22

 

辿るべき道は僕も君も望む道

 

音楽、文学、歴史、美術、そんなあらゆる要素を感じるすごい曲である。

スマートで格好良く、それでいて情熱的な思いも感じはしないだろうか。

リンレンの掛け合いもたまらなく素敵だ。