ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

まとめ

作曲者(ボカロP)ごとのまとめ

※紹介した曲が複数ある作曲者はリンクで飛べます 

続きを読む

【ボカロ253】カミサマゴッコ/sleepless

歌:初音ミク

投稿日:2012/9/15

 

芽吹き出した 新しい君

 

小気味良いテンポを刻むギターとピアノの音が印象的。

主張が激しくないというか、大きく盛り上がる感じはないのだが、流れるような綺麗なサビは聴いていてとても気持ちがいい。

最後のサビに入る前に一度落ち着くところが好きだ。 

 

【ボカロ252】Daybreak/samfree

歌:初音ミク

投稿日:2007/5/7

タグ:機動歌姫ヴォーカリオン

 

やがてまた陽は昇り
すべて始まる

 

初音ミクボーカロイドという存在を知ってまだ間もない頃に出会った名曲。

王道的なサビの盛り上がりが気持ちよく、期待通りの高揚感を得られる。

アニソンのような熱さを持ち、力強い意志のようなものを感じる。

【ボカロ251】スリーディーロック/キャプテンミライ

歌:鏡音リンAppend 

投稿日:2011/7/27

タグ:イケリン

 

BOYS & GIRLS & 3D-ROCK!

 

電子的な世界観に熱いギターが響く。

歌詞はシンプルで無駄がなく、リンの機械っぽい声がこの曲にはとてもよく合っている。

サビで盛り上がる曲という感じではないが癖になる要素がたくさん詰まっている。

250記事

あっという間の250記事だ。

今でももちろん定期的にボカロ界に現われる新星の曲を漁ったりしているのだが、ここ最近はかつて猛烈な輝きを放ったボカロPが久しぶりに新曲を投稿するという現象が続いているようだ。

新しく入ってくるPがいる傍ら、去って行くPも当然いる。

そして、戻ってくるPもいる。

一時のブームと言われることもあるボカロだが、本当にそうだろうか。仮にそうであっても、自分はきっとまだまだボカロ曲を漁るだろうと思う。

【ボカロ250】放課後ちょこかっぷ/ちえP

歌:初音ミク

投稿日:2008/2/5

タグ:かわいいミクうた

 

乗ろう!チョコレートカップ!
夜中まで ね

 

素朴でポップな可愛さのあるジャズ調の曲。

学校と遊園地とカフェという別々の空間が一つに混ざり合っているようなリョータイ氏の歌詞も良い。

自然と笑顔になるような楽しい雰囲気に癒やされる。 

 

【ボカロ249】セイクラベ/瀬名航

歌:初音ミク

投稿日:2016/4/8

 

僕は立ち止まっていたようで

 

シンプルな曲のように思えるが、その素朴さの中に切なさや懐かしさ、様々な気持ちを思い起こさせる何かがあってとても深い。

家に帰ってきたような安心感と同時に、あの頃にはもう戻れないというような懐古的な要素もある。 

【ボカロ248】Sci-fi/ムシP

歌:初音ミクAppend

投稿日:2014/8/12

タグ:VOCALOID幻想狂気曲リンク

 

せめて喜んで 死ねたならいいや

 

言葉で表現するのがとても難しい、前衛的な何かを見ているような、そんな曲。

狂気の中にある楽しげな何か、とても一言でどういう曲だと説明できるものではなさそうだ。

と言うか、自分でも何を言っているかわからない。

聴いてみてほしい。 

【ボカロ247】めめめめめ/ちんたら

歌:初音ミク

投稿日:2014/6/20

タグ:感性の反乱β

 

殺してよ僕を もう飽きて来ただろう?

 

流れるようなピアノで始まったかと思えば機械的な旋律、そしてこのサビである。

何とも言えない不思議な感覚で、サビの入りでゾクッとした。

後半から終わりまでの展開もドラマチックだ。

タイトルは何を意味しているのだろうか。

【ボカロ246】ビースト・ダンス/くらげP

歌:音街ウナ

投稿日:2017/3/14

 

よし、今だ吠えまくれ!

 

初めて聴いた時すぐにこの曲はハマると思い、その通りになった。

とても覚えやすくわかりやすいメロディー、特にサビが良い。ノリも良い。

トーク部分のユーモラスさも魅力的だ。

がおー。