ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ393】夢枕/雨の介

歌:IA

投稿日:2014/2/17

タグ:ボカトロニカ

 

春風をあおぎ出す花の様になりたいのだ

 

ふわふわした浮遊感に身を任せたくなる、気持ちのいい雰囲気がたまらない。

メロディーに乗って動き出す歌詞は美しく詩的だ。

ちょっと浮き世離れしているような、別世界を旅しているような、不思議な気分にさせてくれる。

【ボカロ392】千年の雨の終わりに/くらげP

歌:初音ミクAppend

投稿日:2012/4/24

タグ:ミクゲイザー

 

はじめまして、ここがあなたの世界です

 

「悪い過去」という意味合いで「雨」が使われることがある。この曲は、雨が上がって晴れの空が広がっているような、そんな爽やかさがある。

染みいるシューゲイザーでもあるが、非常に前向きな気分にもなれる魅力的な曲だ。

やまない雨はない。   

【ボカロ391】蛍/六月P

歌:初音ミク

投稿日:2012/7/15

タグ:ピアノミク

 

灯り 消えるまで

 

繊細で落ち着いたピアノの音、それに乗せられたミクの声があまりにも美しい。

消え入りそうな印象を受けたかと思えば、次の瞬間は強い意志を感じたりと、感情豊かな曲だ。

全体の雰囲気もこの時期の夜に合っているように思う。

【ボカロ390】絶対BINKAN地帯/キャプテンミライ

歌:結月ゆかり

投稿日:2012/10/2

タグ:ボカロトランス

 

「やっぱ家の布団は最高だ」

 

妙な空気感が癖になり、一度聴いたら抜け出せない沼のような曲である。

歌詞の半分くらいは「語り」だが、この語りがまた不可解でハマる。

この曲は一体なんなのだろうか。 

 

【ボカロ389】クラウドチャンバー/クラムチャウダーP

歌:初音ミク

投稿日:2010/10/30

タグ:ミクトロニカ

 

だって、この世界では、
ぼくときみが 生きてるんだよ

 

静かにスタートしたかと思うと、不思議な音が聞こえてきて引き込まれる。

落ち着いたサウンドが心地よく、ずっと浸っていたい気分になる。

PVの雰囲気も相まって、感覚的に酔うような、そんな曲である。

【ボカロ388】デタラメ妄想トリップ/電ポルP

歌:初音ミク

投稿日:2009/7/2

 

王様は君 おいでほら

 

ゆったりした気怠い雰囲気に包まれる。このテンポの遅さが良い。

落ち着いていてシンプルな曲調だが、独特な味があり癖になる要素を持っている。

現実と虚構が混じり合っているようなちょっと不思議な歌詞も魅力的だ。 

 

【ボカロ387】妄想感傷代償連盟/DECO*27

歌:初音ミク

投稿日:2016/11/18

 

だけど「大丈夫」なんて嘘を覚えて仕舞うの

 

するりと頭に入ってくる歌詞は、意味やストーリーを考えるより、体で感じた方が気持ちが良い気がする。

少し気の抜けたようなゆるくて軽めのリズムがサッパリしていて良い。

自然と体が動く系の曲である。 

【ボカロ386】妄想疾患■ガール/もじゃ

歌:GUMI

投稿日:2014/6/7

 

ほんとは認めてもらいタイ

 

キャッチーなメロディーにリズム、そして非常に現代風な歌詞が良い。

これが本当の意味での等身大の女子、なのではないか。こういう人はたくさんいるのでは?と思われる。

雰囲気がサラッとしていてい良い意味で軽いのも魅力である。歌詞の表記が面白いので見てみてほしい。

【ボカロ385】あめあめ/PENGUINS PROJECT

歌:初音ミク

投稿日:2008/5/26

タグ:VOCALOID梅雨入り

 

キミが言うなら そーする

 

きっとこの曲の中での「雨」は、どしゃ降りではなくしとしと降っていることだろう。

曲調はゆったりと優しく、スローテンポに癒やされる。

静かに降る雨に自分の気持ちが重なっているような、なんとも言えない切ない気分になる。