読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

まとめ

作曲者(ボカロP)ごとのまとめ

※紹介した曲が複数ある人はリンクで飛べます 

続きを読む

【ボカロ194】ほらね/gurupon(グルグルP)

歌:初音ミク

投稿日:2009/8/29

タグ:不思議なミクうた

 

最期の時まで

 

最初から不思議な空気感で溢れていて、「ほらね言っていた通り」という歌詞にドキッとさせられた。

3拍子のリズムは軽やかで全体的にふわふわとした爽やかな印象を受けるのだが、とても深い何かがあるような気がしてならない。

果たしてこの曲は何を歌っているのだろうか。

【ボカロ193】cat's dance/まらしぃ

歌:初音ミクAppend

投稿日:2012/1/2

タグ:VOCALOIDにゃんこ入り

 

そんなとこも かわいいのよ

 

情熱的と言うよりは上品な雰囲気のある美しいラテンの曲。

ラテンならではのクールなギター、そしてなんと言ってもピアノが素敵である。

曲は大人っぽいがPVは可愛い、そんな猫の魅力に引き込まれる。

【ボカロ192】エンドロールに僕の名前をいれないで/みきとP

歌:初音ミクAppend

投稿日:2014/10/12

タグ:VOCAROCK

 

主人公があっさり 生き残るような映画に
名前を奪われるもんか

 

斜に構えたような捻くれた歌詞に見事にタイトルが繋がっていて、痛々しくなりすぎないバランスが絶妙である。

若気の至りとも言えるような感覚だと思うが、共感できる人も多いのではないだろうか。

勢いのある曲調に乗せられたギターがとても格好いい。 

【ボカロ191】ループスピナ/稲葉曇

歌:歌愛ユキ

投稿日:2016/5/2

タグ:VOCAROCK

 

くるくるくる回る

 

真っ先に出てきた感想は格好いいの一言で、ユキの声にこういった曲も合うんだなぁと思わせてくれた。

最初から最後まで格好良く、特にギターが最高に良い。

自然とリズムを取りたくなるような中毒性がある。

【ボカロ190】Der Procesβ/田中B

歌:鏡音レン

投稿日:2012/8/3

タグ:VOCAROCK

 

躯だけが 彼方へと消える

 

イントロから心掴んでくる何かを持っているような気がする。

途中でテンポが落ちたりと曲の展開が面白く、終わり方も意味深でドラマチックさを生み出している。

聴けば聴くほど味が出てきてたまらない。 

【ボカロ189】moon/宮沢もよよ

歌:初音ミクAppend

投稿日:2015/1/21

タグ:ききいるミクうた

 

街並み青く染めた

 

この曲を聴くと日々の疲れが静かに消えていくような、そんなヒーリング効果を感じる。

音も歌詞も映像も皆綺麗で力が抜けていくようだ。

静かな夜や静かな明け方に聴きたい。 

【ボカロ188】時のオルゴール/雨傘P

歌:巡音ルカ

投稿日:2009/3/30

タグ:巡音幻想曲

 

幻惑の音の箱

 

アコーディオンとオルゴールの音がどこか懐かしく、現実から目を背けるのにはピッタリな雰囲気だが、虜になったら戻れなくなりそうだ。

ちょっと不思議な空気感と品のある歌詞も良い。

一曲でひとつのオルゴールという感じでまさに魅惑の曲。

【ボカロ187】イナイイナイ依存症/かいりきベア

歌:GUMI、鏡音リン

投稿日:2014/8/22

 

アイツの声も アイツの顔も あれこれなくなった

 

非常に中毒性の高い疾走感溢れる曲。だが、

走り抜けるようなスピード感に乗せられた歌詞に爽やかさはない。

テンポの速い病み系の曲というのもなかなか良い。負の感情がとめどなく流れているかのようだ。

 


【ボカロ186】臨界ダイバー/こじろー

歌:v flower

投稿日:2017/3/5

タグ:驚異的な中毒性

 

沈んで 沈んで 眠れないや

 

ギターが楽しんでいるように感じる。聴けば聴くほどハマっていく中毒性の高い曲だ。

v flowerの声は非常に特徴的で癖があるが、曲にハマると本当に魅力的になってくれる。

勢いもありどことなく切なさもあり、最後まで飽きさせない展開が良い。