ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ580】アメバコ展開図/ドンガリンゴP

歌:初音ミク巡音ルカ

投稿日:2010/3/14

タグ:VOCALOID梅雨入り

 

もう わたしは 

誰だったなんて…

 

ちょっと不穏な雰囲気漂う不思議で独特な魅力から抜け出せない。

世界観やPVも他にない個性とセンスを感じる。

じわじわと浸食されるような謎の気持ちよさを感じてみてほしい。 

 

【ボカロ579】ピチカートドロップス/とあ

歌:初音ミク

投稿日:2016/6/22

 

跳ねるようなピアノと弾むようなミクの声が混ざり合い、独特な空気感を出している。

全体的に可愛らしい雰囲気だが、それだけではないのがこの曲の魅力である。 

 

【ボカロ578】ローリーズルーム/すこっぷ

歌:初音ミク

投稿日:2009/9/9

タグ:ききいるミクうた

 

本当のあたしはどこにいるの?

 

メロディーラインがとても美しく、心が洗われるような気持ちになる。

特にサビの流れはあまりにも綺麗でゾクゾクして気持ちが良い。

随所で聞こえてくるピアノの音も素敵である。 

【ボカロ577】虚無仮説/Ponz

歌:初音ミク

投稿日:2018/7/29

タグ:DubSteloid

 

現実を偽って

 

お腹に響く重みある音にハマる。

落ち着いたスローテンポの中で揺れているような音の中にも、何か芯のようなものを感じる。

一枚絵のイラストも相まって、芸術的な一曲といった感じである。

【ボカロ576】ミッドナイト・プール/cat nap

歌:初音ミク、ねこむら

投稿日:2017/6/1

タグ:VocaR&B

 

きみと浮く 緩い水
無重力の波間

 

ミクの声とねこむら氏の声があまりにも気持ちよく混ざり合っていて、溶けてしまいそうな感覚に陥る。

落ち着いた雰囲気でありながら非常にお洒落で大人っぽい音とメロディー、いつまでも浸っていたい魅力に溢れている。 

【ボカロ575】天空都市カーニバル/こがねむし

歌:初音ミク、This is a cat.

投稿日:2018/4/26

タグ:VOCALOIDと歌ってみた

 

歌え!

 

楽しい。とても楽しい。PVもも楽しい。体が勝手に動き出す。

音やリズムだけでなく歌詞までもがノリノリで、全体的に素晴らしいセンスを感じる。

気付いたら何度目かわからないくらいリピートしていた。 

【ボカロ574】ロキ/みきとP

歌:鏡音リン、みきとP

投稿日:2018/2/27

タグ:VOCAROCK

 

死ぬんじゃねぇぞ お互いにな!!

 

これは熱い。パッション迸る快感。そう、気持ちが良すぎるのだ。

勢いがあるのはもちろんだがそれだけではなく、メロディーラインも非常に中毒性が高い。

外のライブ会場で大勢で盛り上がりたい、そんな曲。 

 

【ボカロ573】ガランド/ピコン

歌:初音ミク

投稿日:2018/5/11

タグ:ミックホップ

 

Lonely? 浪人? Morning? Sorry? 苦労人? 病人? 考えたって今

 

ゆったりめなテンポだが中毒性の高さが凄い。

ヒップホップ調の良い意味でだらけて気の抜ける雰囲気は独特で癖になる。

ボカロと人間の合わさった声の心地よさも最高に良い。 

 

【ボカロ572】前線芸術/左手

歌:初音ミク

投稿日:2018/9/7

タグ:ミクウェーブ

 

僕ら描いてくしかない
これからも描いていく

 

芸術とは何か。ということを考えてみたくなる斬新な曲。

ノリがよくテンポもよく、それでいて一筋縄では進んでくれない、気が付いたらハマっている。

前線をひた走る新しい音楽に思いを馳せたくなる。そんな曲である。