ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ223】エンドレス・サマー/夢見るP

歌:初音ミク

投稿日:2008/6/28

タグ:VOCALOID夏曲

 

この夏が 終わらないように

 

うだるような暑さを吹き飛ばしてくれそうな元気をもらえる曲だ。この曲を聴くと何故か外に出かけたくなる。

カラッとしたテンポ感で、最初の勢いが最後まで続いていく。

曲全体からどこか懐かしい青春の香りがする。かき氷が食べたい。

【ボカロ222】M/とあ

歌:初音ミク

投稿日:2015/8/11

 

はいはい君が大好きです

 

一度聴くと頭から離れなくなるリズムがとても印象的。

同じフレーズを繰り返す部分が多々出てくるが、リズムと歌詞がピッタリ合っていて、パズルがハマったような気持ちよさを感じる。

可愛い曲のようにも思えるが、そういった単純な話でもなさそうだ。 

【ボカロ221】ダンシング・フェイカー/ナツキの花

歌:鏡音レン

投稿日:2012/9/22(代理投稿)

タグ:VOCALOID迷宮入り

 

残ルハ僕ダ・・・

 

メロディーと曲調に爽やかなスピード感があって気持ちが良い。

単純な話とてもカッコイイ曲で、疾走感を持つピコピコ音は一見合わなそうだが全くそんなことはない。サビにハマること間違いなし。

さあ、謎は解けるだろうか。

【ボカロ220】祈々唄/ふねP

歌:初音ミク

投稿日:2009/8/30

タグ:VOCALOID和風曲

 

かのものたち 導くように

 

ボカロ界には聴き入る名曲というものが多くあるが、この曲は本当の意味で聴き入ることができるだろう。

あまりにも美しく神聖な雰囲気が漂うメロディー。短い曲だが印象深い。

トーリー仕立てになっているという3曲の2曲目。 

【ボカロ219】中学生/フナコシP

歌:初音ミク

投稿日:2007/10/13

タグ:MIKuPOP

 

そんな私は中学生

 

学校のチャイムのような音で始まるこの曲、約10年に投稿された曲だ。

かつて中学生だったことのある人にとっては、何とも言えないノスタルジックな気分になるのではないかと思う。

どこか幼さを感じさせるような絶妙な歌詞、そして動画内のコメントたちも、「中学生」っぽくてたまらない。

 

【ボカロ218】消える前に/くちばしP

 

 歌:初音ミク

投稿日:2008/3/6

 

今だからできる

百千の価値あること

 

カラッとした爽やかさがあり、王道ポップスのような親しみやすさが魅力的。

メロディーも歌詞も良い意味でシンプルなので自然と口ずさめる。

私たちは消える前に、何ができるだろう。そんなことを考えてみたくなる。 

【ボカロ217】解けない魔法/杏仁(浮遊P)

歌:IA

投稿日:2015/2/18

 

ねえ、どうして窓のそとは

こんなにもあかるいの

 

ゆったりと揺れているようなリズムが心地いい。

どこか哀愁を感じるメロディーに、IAの独特な声がとても合っている。

ここがサビだ!というような流れでは進まないところも独特な味がある。 

【ボカロ216】GLEAM NEON/蜂屋ななし

歌:初音ミク

投稿日:2017/1/2

タグ:VOCALOIDデジタルロック

 

街をネオンが 染め上げた

 

スタイリッシュな格好良さがあり、何度も何度も聴きたくなる中毒性のある曲。

特にサビは最高に気持ちよくハイになれるので大音量で楽しみたい。空が飛べそうな爽快感がある。

近未来的なPVはこの曲にピッタリだ。

【ボカロ215】ゲーセン上のアリア/黒澤まどか

歌:初音ミク

投稿日:2013/4/20

タグ:chiptune×VOCALOIDリンク

 

誰が挑んできたとしても 負けないんだから!

 

タイトルでおや?と思うが、その曲名通りの展開がとても面白く、それでありながら音はピコピコ音というギャップ(?)も楽しい。

トーリー性がある歌詞は王道的な可愛さがあり、ゲームセンターという舞台になんとなく親近感も沸く。

G線上のアリア」に対するリスペクトも感じる曲である。

 

【ボカロ214】コインロッカーベイビー/MARETU

歌:初音ミク

投稿日:2013/2/2

 

全部まとめてロッカーへ

 

軽いノリでスタートするこの曲は、本当はとても重く真っ黒な曲なのではないだろうか。

そんな雰囲気を感じさせない軽快なリズムが皮肉っぽい。

最後まで同じノリが続くと思いきや…聴いてみればわかることだ。 

kishiro100master.hatenablog.com