ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ562】東京テディベア/押入れP

歌:鏡音リン

投稿日:2011/8/14

タグ:VOCAROCK

 

誰だっていいのさ 代わりになれば

 

お腹に響くベースから始まり、ギターの勢いが熱い。

人生に絶望しているかのような歌詞だが、その思いがすべて力となっているような、そんな強い何かを感じる曲である。

途中、スッと静かになるところのギャップがとても好きだ。