ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ721】東京/におP

歌:鏡音レン

投稿日:2018/2/23

タグ:ききいるレンうた

 

差し詰め、渇き切って白く染まる東京

 

1番と2番の歌詞が対になるようなつくりになっているので、是非比べて聴いてみてほしい。

東京という街を舞台にかなわぬ恋があったのだろうなと想像させてくれる沁みる歌詞と、途中で歌い方が変わりこれまた味のあるレンの声がたまらない。 

【ボカロ720】桜のような恋でした/samfree

歌:初音ミク

投稿日:2007/12/13

タグ:VOCALOID桜曲

 

ひらひらと舞う花びらに
愛しき君を思い出す

 

春という季節は別れを強く印象づけられる季節でもある。咲いている期間が短い桜が季節の移ろいを感じさせる…。

そんな風情ある美しく切ない名バラード。

王道で真っ直ぐな展開は素晴らしく、素直に心に響いてくる。 

【ボカロ719】ユメニサクハナ/お嬢P

歌:初音ミク

投稿日:2008/6/13

タグ:ゴシックミク

 

まるで夢の様な

 

おとぎ話の中に入ったような不思議な雰囲気を持っている。

私がボカロを知った頃によく聴いていた懐かしい曲でもある。

3拍子の魅惑的なリズムに誘われ、どこか別世界へ行きたくなるような、そんな曲。

【ボカロ718】Hey Peter/Wonderlandica

歌:初音ミク鏡音リン

投稿日:2011/7/17

タグ:そっと評価されるべき

 

新しい歌を歌っているの この唇

 

 ルゴールやおもちゃ箱を開いた時のような感覚になる。

可愛らしい音の粒はとても綺麗で癒し度抜群。よく眠れそうだ。

寄り添ってくれているような優しいメロディーも素敵である。 

【ボカロ717】ロジカ/かいりきベア

歌:v flower

投稿日:2019/2/8

タグ:爽やかなぼかうた

 

今も解を求め

 

喉ごし爽やかでスッキリしたソーダ水のような曲。

音が気持ちよく伸びていくような快感を得つつ、重みのあるギターがしっかりとそれを支えている。

なんとなく、晴れた日に外で聴きたい。 

【ボカロ716】ジャンキーナイトタウンオーケストラ/すりぃ

歌:鏡音レン

投稿日:2019/12/20

 

馬鹿だらけ世界で歌ってんだ

 

キャッチーなリズムに色彩独特なPV、歌いやすそうなメロディー、人目を引く要素をモリモリに詰め込んだ愉快な曲だ。

レンの声でこのようなパーティー感のある曲は珍しい気がするので個人的にとても嬉しい。

散りばめられたトイピアノの音が可愛くて楽しくてたまらない。 

【ボカロ715】作曲するよ!/renybox

 

歌:初音ミク

投稿日:2015/8/29

タグ:VOCALOIDイメージソング

 

伝えたいことを忘れないよう

 

明るくポップで前向きな気持ちになる。

音楽に限らず、何かを生み出すということについて考えてみたり、やりたいことをやろう、そんなことを考えてみたり、曲から離れた部分に思いを馳せてしまった。

ミクの誕生祭に向けて投稿されたこの曲、まさにピッタリである。

【ボカロ714】さくら(桜)/minzoo

歌:初音ミク

投稿日:2016/3/31

 

美しいほどに儚く燃えるいのちが

 

出だしから強烈なパワーを感じはしないだろうか。

芸術的な歌詞も魅力的で、あまりほかに見ない感じの桜の表し方だなと思うがそこが良い。

どこか宇宙を感じさせるような浮遊感もある不思議な曲である。 

【ボカロ713】ありふれたさよなら/ピコン

歌:初音ミク

投稿日:2019/3/29

 

涙がただ

 

何かを失った空虚を音楽でここまで表現できることに凄さを感じる。

失って色のない殺風景な風景が目の前に広がっているような、そんな印象をこの曲から受ける。

消え入りそうなミクの歌い方も印象的だ。