ボカロ曲の感想を徒然なるままに

ボーカロイドの曲を語る、ただそれだけのブログ

【ボカロ631】十二歳/ぎすたか

歌:歌愛ユキ

投稿日:2018/5/28

タグ:感性の反乱β

 

溺れていたのはきみでしょう?

 

不穏である。しかしなんて美しい音色なのだろう…。

何か真っ当な道から外れたような奇妙さを感じるのだが、それを覆い隠すようなたくさんの音と不思議な拍子が魅力的だ。

すべてを投げ捨て身を任せて聴きたい…そんな曲。